FXとは、FX投資をする心構え

FXは、Foreign Exchangeの略語になります。

日本語にすると、「外国為替証拠金取引」です。 元々、為替の意味するところは、交換で他の何かと取引することです。一般に 遠くに住んでいる人どうしが、物品を売買して、取り引きをするのに、物品をいちいち運んでいたのでは、窃盗や損失などのリスクが、生じる可能性があります。

そのため、為替と呼ばれるシステムによって、物品を運ぶ必要がない方法として工夫されました。外国為替というのは、外貨と日本の通貨である円の交換を意味します。

そしてこの証拠金取引は、FXの専用のための自分の口座に預けた「証拠金」である原資を元に取り引きをすることを意味します。

また、FXにはレバレッジというものがあります。

自分が預け入れた証拠金に倍率(てこの作用)を掛けることによる取引方法で、証拠金の数倍から数百倍の取引ができるというわけです。

例えば、1万円の証拠金で100倍のレバレッジをかけるとは、1万円の証拠金に対して100万円の運用ができることをいいます。

したがって、少ない金額でレバレッジを掛けられるので利益を大きくできる反面、運用が失敗した場合、大変なリスクを背負うことになります。

ですからFXを良く知らない初心者である場合は、とりあえず、2倍から3倍くらいのレバレッジではじめるのが目安とされています。

まずは、自分のFXの知識や経験をもとに前もってリスク管理をしたうえでFXの取引に臨むことが必要です。

posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。