FXのレバレッジについて

FXは、わずかな投資資金で始めることができることや、てこの作用(FXの場合レバレッジ)を働かせて、より多くのお金で取引できるルールがあります。

これは、FX投資をするメリットです。 しかしながら、常にこのレバレッジを使用しなければいけないということではありません。

レバレッジを上げても、もしFXで損失が生じた場合、その損失を埋め合わせする資金がなければ、継続的にFXを取引をすることができません。

FX投資をする上での特に重要なポイントは、仮に損害が生じた場合、その損失に耐えうる、資金があることが前提です。

したがって、FX初心者が安心してFX取引をするなら、約3倍位までのレバレッジで始めるのが目安だと言われています。

FXは、なにもレバレッジを掛けないで1倍で取引するのもかまいませんが、それだとFXをする安全は高まりますが、面白みがなくなることでもあります。

それだとFX投資の大きな魅力を味わうことができません。

仮に、損害が生じた場合、証拠金が50万円あれば、(ドル/円)(円/ドル)の組み合わせで、1万通貨の取引が可能です。

このレバレッジを3倍にするとき、この通貨の変動が約20%くらいならば、マージン・コールや損切りの心配する必要はなくて、安心して取引できます。

しかし、激しい通貨の場合における20%以上のレートの変動の場合は、レバレッジを2倍にするのが穏当でしょう。

まず、FX初心者は、レバレッジを多くて5倍ほどに抑えたほうがよいでしょう。


posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX投資の魅力は

FXが注意をひく理由が最も大きいのは、利益があがりそうだからです。しかし、他にも利益をあげるような投資に投資信託、株、先物、他にもいろいろとあります。

ここのところ、一般のFXの投資家が増えているのも、FX業者が増加したり、悪意のあるFX業者の排除が進められてきた理由があって、FX投資が簡単になってきた要因があるからです。

以前は、FXは、怖いとか、難しいのではというイメージがありました。以前は、FX取引に関して、取扱いは銀行だけでされていました。そして、銀行は投資額が少ない個人投資家のために、わざわざFX取引の口座を作って、個人投資家にFX投資ができる環境はありませんでした。

その後、外国為替とForeign Trade法(別名と外国の取引所Control法)は1998年に改正されFX取引は銀行の他にFX業者が参入できるようになりました。

このころFX業者の数は、この時点に増加し始めました。しかし、法定規制が不十分だったので、悪意のあるビジネス業者も同時に増えていました。

その後2005年に政府に登録する義務を、改訂金融先物方法によって、FX取引を扱った業者に適用しました。その結果、悪意のある業者は除外されていきました。

その結果、個人投資家は楽にFXの取引をすることができるようになりました。さらに、FXは少ない額からはじめることができるために、他の金融商品取引と比較して、小さい金額でもお金を増やす投資ができるため、FX初心者でもはじめることが、可能になりました。

そのことが、現在投資をするのに、多くの人々がまずFXから初めるのが多い所以です。
タグ:FX投資
posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXで豊かなライフを勝ち取る

FXで豊かな、ゆとりある生活を勝ち取るには、FXの勉強や投資経験を重ねる時間を考えなければなりません。

現在の生活でいろいろなことに時間を使っているわけですが、投資の時間を捻出しなければならなくなります。

時間は何処から持ってくるのか。

1日24時間しかないのに、FXに投資する時間を組み込みので、今までようなの生活ができなくなります。

FXでお金を稼ぐために何十分から数時間、費やすことになるので、FX投資における、費用対効果を考えなければいけません。

また、FXだけに時間を取られてしまうのも考え物です。

FX投資を始める理由は、資産をとにかく増やしたいからですが、だからといって、FXを含む投資でお金を増やすことのみに夢中になり、単なるお金を稼ぐだけの人生になっていいのか、どこかで、日常生活を犠牲にして、お金はあるが暇がないということにはなりたくないものです。

FXをできる時間はここまで、というように区切りをつけるのも大事です。そんな中で、FXを本業にしているトレーダーもいます。

FXで生活する時間や自由・覚悟があるので、よのような環境でできる人は、ぜんぜん落ち着いてトレードすることができます。

人によってそのような環境や状態が違うので、自分の立場を見極めることが大事です。

FXは裕福に人生を変化させる手段ですが、FXのみに自分の人生を賭けすぎるというのも注意が必要です。 FX投資のポイントとして、可能な範囲でFX投資の時間や精力を注ぎましょう。

posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX初心者の資金、・取引量はどの程度が目安?

FXでは、1万通貨ユニットで取り引きするのが、基本(、最近は1000の通貨ユニットで取り引きができる業者がいます)です。

通常、FXの初心者は基本的に、1万通貨ユニットで取り引きを考えるのが良いでしょう。手数料や、スワップ取引を考えた場合、1万通貨ユニットで行われているのもその理由です。

また、FXは自分が預けた小額の証拠金を元手で始めることができるメリットがありますが、元手だけで取引きすると、レバレッジを大きくする必要があります。

たとえば、米ドル10,000の通貨取引をしようとするなら、約100万円が日本円で必要です。 1万円だけの証拠金だけで運用するなら100倍のレバレッジをとる必要があります。

20万円の証拠金で100万円の取引をするなら5倍のレバレッジをとる必要があるということです。

FX初心者がこのレバレッジをかける場合は2倍か3倍程度にしておけば、あまりリスクをとらず行うことができるとされています。

FX投資のために証拠金をより多く準備できるにこしたことはありません。

FXの取引によっては、米ドル以外の通貨で、より安く買うことができる通貨があります。そして、そのような通貨には、流動性リスクや高リスクを持っているものがたくさんあるので事前の調査・研究、注意が必要です。

どれ位の通貨量を、どのくらいの証拠金でFX取引をすればよいか、投資家によってまちまちです。

基本は、少ない証拠金で高いレバレッジで取引するのは、リスクが増大するので、特にFX初心者は投資する前に十分認識することが大事です。
posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXでお金を増やすとは

FXでお金を儲けるためにはビジネスの基本を心得ることです。どんなものでも、安いところ
でものを仕入れて、高くなった時点で、ものを売ることが基本です。

このことは、あらゆるビジネス方法の原則です。
FXでお金を増やす基本的な方法は、これと同じです。

外貨が安い時に買い、その後、外貨の価格が上がったときにそれを売れば利益が出る。お金が殖える、至極単純なことです。たとえば、1ドルが100円の時に10,000ドルを買ったとしましょう。

その後、1ドルが110円になったとき、外貨10,000ドルを売ります。そうすれば、100,000円の利益が
発生します。

FXでは、お金を増やすために為替レートの上下動、変動を予測することが必要です。このことが、FXでお金を増やす基本となります。

一方で、投資対象とする通貨を高い価格時点で、その通貨を売り、その後安くその通貨を買い戻させる方法もあります。

このことは、日本の円をFX口座に預けますが、たとえば米ドルを持たないときに、外国為替市場から米ドルを借りて、自分の手元において取引をすることができます。

たとえば10,000ドルを借りたとしましょう。1ドルが110円の時に、借りた10,000ドルで、1,100,000円の日本の円を買うことができます。

その後、1ドルが100円になったとき、日本の円を買い戻すために外国為替市場に借りた10,000ドルを払います。そしてこのとき返す金額は、10,000ドル×100円のために1,000,000円です。

そうすると、1,100,000から借りたあとに返す1,000,000円を差し引いた金額(この場合は10万円)が利益になり、儲けになります。
posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。