FXのレバレッジについて

FXは、わずかな投資資金で始めることができることや、てこの作用(FXの場合レバレッジ)を働かせて、より多くのお金で取引できるルールがあります。

これは、FX投資をするメリットです。 しかしながら、常にこのレバレッジを使用しなければいけないということではありません。

レバレッジを上げても、もしFXで損失が生じた場合、その損失を埋め合わせする資金がなければ、継続的にFXを取引をすることができません。

FX投資をする上での特に重要なポイントは、仮に損害が生じた場合、その損失に耐えうる、資金があることが前提です。

したがって、FX初心者が安心してFX取引をするなら、約3倍位までのレバレッジで始めるのが目安だと言われています。

FXは、なにもレバレッジを掛けないで1倍で取引するのもかまいませんが、それだとFXをする安全は高まりますが、面白みがなくなることでもあります。

それだとFX投資の大きな魅力を味わうことができません。

仮に、損害が生じた場合、証拠金が50万円あれば、(ドル/円)(円/ドル)の組み合わせで、1万通貨の取引が可能です。

このレバレッジを3倍にするとき、この通貨の変動が約20%くらいならば、マージン・コールや損切りの心配する必要はなくて、安心して取引できます。

しかし、激しい通貨の場合における20%以上のレートの変動の場合は、レバレッジを2倍にするのが穏当でしょう。

まず、FX初心者は、レバレッジを多くて5倍ほどに抑えたほうがよいでしょう。


posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。