FX初心者の資金、・取引量はどの程度が目安?

FXでは、1万通貨ユニットで取り引きするのが、基本(、最近は1000の通貨ユニットで取り引きができる業者がいます)です。

通常、FXの初心者は基本的に、1万通貨ユニットで取り引きを考えるのが良いでしょう。手数料や、スワップ取引を考えた場合、1万通貨ユニットで行われているのもその理由です。

また、FXは自分が預けた小額の証拠金を元手で始めることができるメリットがありますが、元手だけで取引きすると、レバレッジを大きくする必要があります。

たとえば、米ドル10,000の通貨取引をしようとするなら、約100万円が日本円で必要です。 1万円だけの証拠金だけで運用するなら100倍のレバレッジをとる必要があります。

20万円の証拠金で100万円の取引をするなら5倍のレバレッジをとる必要があるということです。

FX初心者がこのレバレッジをかける場合は2倍か3倍程度にしておけば、あまりリスクをとらず行うことができるとされています。

FX投資のために証拠金をより多く準備できるにこしたことはありません。

FXの取引によっては、米ドル以外の通貨で、より安く買うことができる通貨があります。そして、そのような通貨には、流動性リスクや高リスクを持っているものがたくさんあるので事前の調査・研究、注意が必要です。

どれ位の通貨量を、どのくらいの証拠金でFX取引をすればよいか、投資家によってまちまちです。

基本は、少ない証拠金で高いレバレッジで取引するのは、リスクが増大するので、特にFX初心者は投資する前に十分認識することが大事です。


posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。