FXでお金を増やすとは

FXでお金を儲けるためにはビジネスの基本を心得ることです。どんなものでも、安いところ
でものを仕入れて、高くなった時点で、ものを売ることが基本です。

このことは、あらゆるビジネス方法の原則です。
FXでお金を増やす基本的な方法は、これと同じです。

外貨が安い時に買い、その後、外貨の価格が上がったときにそれを売れば利益が出る。お金が殖える、至極単純なことです。たとえば、1ドルが100円の時に10,000ドルを買ったとしましょう。

その後、1ドルが110円になったとき、外貨10,000ドルを売ります。そうすれば、100,000円の利益が
発生します。

FXでは、お金を増やすために為替レートの上下動、変動を予測することが必要です。このことが、FXでお金を増やす基本となります。

一方で、投資対象とする通貨を高い価格時点で、その通貨を売り、その後安くその通貨を買い戻させる方法もあります。

このことは、日本の円をFX口座に預けますが、たとえば米ドルを持たないときに、外国為替市場から米ドルを借りて、自分の手元において取引をすることができます。

たとえば10,000ドルを借りたとしましょう。1ドルが110円の時に、借りた10,000ドルで、1,100,000円の日本の円を買うことができます。

その後、1ドルが100円になったとき、日本の円を買い戻すために外国為替市場に借りた10,000ドルを払います。そしてこのとき返す金額は、10,000ドル×100円のために1,000,000円です。

そうすると、1,100,000から借りたあとに返す1,000,000円を差し引いた金額(この場合は10万円)が利益になり、儲けになります。


posted by トウシ太郎FX at 00:00 | Comment(0) | FXに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。